2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アンティークめぐり♪
- 2008/06/07(Sat) -
今日は家から車で1時間かかる場所へ「Depression Glass & Pottery Show」に、アンティーク好きの友達と一緒に行ってきました。

会場に入ると、たくさんのGlassです。こんなにたくさんのGlassが集まったのを観たのは、初めて。
Showですが、もちろん販売されています。
ただ、Showというだけあって値段が高い。物ももちろんとってもエクセレント。中にはミント(未使用のも)状態のもあったりして。
でも、とっても眼の保養になりました。
そのほか、2軒ほど、モールをまわり、今回の戦利品はこちらです。

「キャンドルウィックのフローラルカット」です。
花のすかし模様があしらわれています。これは、コーンフラワーです。
DSC_0004_1.jpg

とっても綺麗で一目惚れです。

これは、「キャンドルウィックのハンドル付きハート型ボウル」です。です。かわいすぎです。
DSC_0017_1.jpg

というように、私はキャンドルウィックにはまってしまっているのです。というのも、実は日本でキャンドルウィック?と疑いたくなるようなものをすでに購入していたのです。
たぶんアンティークではないと思う(出来がとっても精巧だから)ものの、私はこの形は初めから好きだったんだと納得です。
DSC_0018_1.jpg

そして、今日はさらに素敵な出会いがありました。
キャンドルウィックと一緒に集め始めた、「ミスアメリカ」のピンクです。
それもティーカップ4客も驚きの価格で手に入れることが出来ました。
DSC_0022_1.jpg

点々とお店を梯子すると、さらなる出会いが。
「キャンドルウィックのシャーベットグラス」です。
DSC_0023_1.jpg
素敵すぎる。
今日は大収穫の一日でした。
ますますはまっていくアンティーク熱。(旦那さんは少々あきれぎみ)
でも、ここなら容易に手に入るものも、帰国したらとんでもない価格に跳ね上がってしまうアンティーク。その価値ももちろん魅力ですが、宝探し感覚で探し回るのも楽しみなんです。

これからもアンティーク遠征は続きそうです。


スポンサーサイト
この記事のURL | アンティーク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ESLサマーキャンプ♪ | メイン | シェルの誕生日♪>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sherumaronn.blog60.fc2.com/tb.php/408-6464f6a1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。