2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「傷だらけの男たち」観てきました♪
- 2007/07/12(Thu) -
友達と映画「傷だらけの男たち」を観てきました。

今日で、字幕映画とも当分お別れかーと思い、香港映画をチョイス。
今まで観た金城映画は、「MISTY」「不夜城」「Returner」「LOVERS」は観たかな。日本のドラマにも少し出てたよ。

IMG_8294.jpg大ヒット作『インファナル・アフェア』シリーズを手がけたチームによる、心に深い闇を抱えた男たちの人生を描いたヒューマンドラマ。かつて上司と部下だった二人の刑事の日常が、ある殺人事件をきっかけに交錯していく様を見せる。対照的な主人公を熱演するのはアジアのトップスター、『2046』のトニー・レオンと『ウィンター・ソング』の金城武。本作はディカプリオ主演でハリウッドでのリメイクも決定している話題作。

2003年のクリスマス、ポン(金城武)が凶悪犯を逮捕した晩に、彼の恋人は自殺を図り還らぬ人となる。3年後、酒浸りの日々を送っていたポンは、刑事を辞めて私立探偵になっていた。彼の元上司のヘイ(トニー・レオン)は富豪の一人娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚し、幸福な生活を送っていたが、ある日、義父が何者かに惨殺され……。


感想です(ちょこっとネタばれがあるかも。これから楽しみな人は読まないでね)

よかったー。えらくよかった。久々にずずーとくる映画でした。
かなり暴力シーンがえぐい場面があり(効果音とか)、PG-12なのでもちろんお子さまはだめです。
なにがよかったって、たしかに金城武もとってもよかったです。
でも、眼はトニー・レオンに釘付け。自然とトニーの顔ばっか追ってしまうんですね。トニーがすごいよかった。やっぱりあまり語りたくないなー。観て欲しいです。かなり自己満足の感想です。
ただ、途中、名前がこんがらがるんですね。その名前だれだっけー?
そして、いろんな場面が後でリンクしてくるので、あれ?あの時の?と思いだしたり。
要はかなり注意深く観ることです。

映画を見終わったあと、ランチに行き、楽しくおしゃべりしました。
彼女とは、ここ1年くらいはやっとお互い時間に余裕が出来て、観たい映画があれば一緒に見に行ってました。
当分一緒に行けないのはさみしいなー。

彼女にランチをおごって頂き、ご餞別まで頂きました。大切になにか記念に残るものを買わせて頂きます。ありがとう。





スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<またまた、ランチ♪ | メイン | 今日もランチ♪>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sherumaronn.blog60.fc2.com/tb.php/220-f9819145
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。