FC2ブログ
2011 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 07
帰国編 成田空港 犬の検疫♪
- 2011/06/30(Thu) -
いよいよ成田空港に到着しました。

到着して、第一声、「暑い」「むしむし」なんと暑いことか、しかもむしむし状態。すごい湿度です。
シカゴが少し肌寒かっただけに、長そでまったくいらない。

到着し、まずは、入国審査を受けます。パスポートに入国のハンコを押してもらうだけで、非常に簡単。

大量の荷物とワンコのはいったバリケンを回収します。すでに遠くから我が家のワンコの鳴き声が。
わんわん大騒ぎ。元気でよかった。
マロンは、うんこを少ししてましたが、固めのようで、目立った汚れはないようです。
シェルは、においもないので、ずっと我慢していたよう。

ワンコたちは、検疫が済むまでバリケンから出すことができないので、早く検疫を終えたい。

回収して、すぐ同ロビーにある検疫カウンターに行って、検疫の書類を提出し、ワンコを預けます。

荷物を持ちながら、今度は船便・航空便の税関手続きのため、日通のカウンターへ。

手続きが終わると、荷物を僕ちゃんに番をしてもらい、検疫のため、6階にある検疫所に向かいます。

検疫所では、まずは、ワンコのマイクロチップの確認、提出書類の確認です。
提出した書類に基づき検疫所がすでに作ってくれている「輸入検疫証明書」を双方でチェックし、ハンコをもらうだけ。
前もって、かなりきちんとメールで書類作成のやりとりをしていたのでまったく問題なしでした。
ここにくるまでのやり取りで検疫所の丁寧な対応のおかげで、非常に簡単に検疫を終えることができました。
実際の検疫は時間にして、30分くらいでしょうか、無事終わって、本当にほっとしました。


ワンコを受け取り、次はセントレア(中部国際空港)へのフライトがあるので、国内線のカウンターへ向かいました。大荷物のため、非常に大変。

成田空港内は、みんなじろじろ。そんなに犬が飛行機に乗るのがめずらしいのか、とにかく注目の的。
客室乗務員まで、覗きこんで話しかけてきました。みんな犬好きなのね。

国内線では少し時間があった(検疫のため、かなり時間に余裕をもったフライトにしました)ので、JALのカウンターの女性の計らいで時間になるまで散歩されてはと言ってもらえたので、外で散歩させました。
ありがたい。こういう心使いは、日本ならではですね。

IMG_0002_9876.jpg

IMG_0011_8765.jpg

さあ、いよいよセントレアに出発です。もう少しの我慢だからね。あと1時間で到着です。
IMG_0013_6789.jpg

セントレアに到着したのが、夕方の6時過ぎ。
ワンコたちは、もう疲れてぐったりなのか、わんわんもせず静かにしてました。
「え、鳴いてない」ちょっとびっくりしましたが、覗きこんだら、またワンワン。よかった。
ワンワンは、元気のバロメーターなんです。

荷物をぜんぶ運びながら到着ロビーに向かうと、妹が出迎えてくれました。久しぶりの顔です。

レンタカーを借りて、車で、40分一路我が家へ。

やっと、我が家に到着。ワンコたち、大変お疲れさまでした。
スポンサーサイト



この記事のURL | 今日の出来事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
帰国編 日本へのフライト♪
- 2011/06/30(Thu) -
JAL機は、オヘア空港を飛び立ち、日本の成田空港に向かいます。
また、いつかここを降りたいですね。

bijinesu5.jpg

いやー、これはちょっと自慢になっちゃいますかね。
なにしろ初のビジネスクラスなんで、お許しください。

旦那さまの粋な計らいで、帰国は僕ちゃんと私だけビジネスクラスにしてくれました。
最初は、相談もなく変更されていたので、このためにマイルを使い、もうどこへも連れていってもらえないのかと
文句も言っておりましたが、なにしろ眠いし、疲れてるし、その状況でのフラットになるシートは、
もう感謝、感謝です。

IMG_9995_345.jpg

エコノミーに乗ったことのある方はご存じだと思いますが、エコノミーのシートは観光バスより狭い、とにかく狭い。足も延ばせないし、ほんとに眠ることが難しい。辛い。食事もおいしいともいいにくい。
でも、このビジネスクラスは、シートがほぼフラットのなるため快適に眠ることができます。
しかも、サービスがまったく違う。食事も違えば、客室乗務員の態度がまったく違う。サービス満点です。

bijinesu6.jpg
席は、ゆったり幅があり、リクライニングは、どんな感じにもなる。足もしっかり伸ばせます。

食事もおいしー。これは、私の洋食です。
bijinesu3.jpg

bijinesu.jpg

これは、僕ちゃんの和食。
bijinesu4.jpg

bijinesu2
 
このあとにデザートもついて、ちゃんとコース料理になっています。
この食事のあとは、いろんなメニューがあって、好きな時に好きなだけ食べれちゃいます。ってそんなに食べれませんが。

お腹も満足し、睡眠もぐっすり充分取ることができました。


つづく
この記事のURL | 今日の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
帰国編Chicago O'Hare International Airport♪
- 2011/06/30(Thu) -
帰国する日は、6月29日朝5時に出発しました。
明け方まで、荷物を作っていたので、ほぼ1、2時間の睡眠のみ。いやー非常に疲れています。
疲れすぎて、出発の余韻に浸る間もなく、ただ眠い。

旦那さんは、今回日本に帰国するのは、一時帰国で10日後にはこの家に戻ってくるので、比較的出発は気が楽です。(旦那さんの本帰国は、1ヶ月後)
結局、掃除はなにも出来なかった。申し訳ないです、旦那さま。帰国後、頑張ってくださいね。

薄暗がりの中、この家を離れます。4年間、本当にありがとう。
家はボロボロで、地下浸水は、2回。
トイレも数回壊れるし、床は汚い。でも、庭はとっても広くて、樹木も多い。多すぎて枯れ葉集めは大変で
雪かきもすごく大変で、蜘蛛や湿気虫もいっぱい、蟻もよく入ってきました。などなど、
不満もいっぱいでは、ありましたが、住めば都。居心地のいい家でした。

IMG_9971_767.jpg

最後に見る、イリノイの朝日です。(眠い)
IMG_9987_345.jpg

2時間少しハイウエイを走って、いざシカゴ・オヘア国際空港へ
もうここからは、悲しみに浸っている暇はない。家族プラス犬2匹と大量の荷物の大移動が始まります。

犬のバリケン2個。預け入れ荷物(大型スーツケース、段ボールなど)計8個、手荷物の小スーツケース3個、
各手持ちバッグ3個の大荷物です。手軽に行きたかったんだけど、我が家は、どーしても荷物が多い。

IMG_9989_345.jpg

荷物を空港に降ろして、旦那さんは、車をパーキングへ。パーキングからバス・モノレールで空港までと移動してきます。慣れない場所で、ワンワン大騒ぎ。
IMG_9988_565.jpg

JALで、手続きしている間もわんわん大騒ぎ。特にマロンは、出せーーと叫びまくってます。
IMG_9991_678.jpg

まわりのみなさんに迷惑かけまくってますが、こうなるとどうすることも出来ない。
JALなので、お客さんは日本人が多いです。

IMG_9992_777.jpg

これから、1時間半後、約12時間の長いフライトです。頑張ってね、2匹とも

JALでの犬の手続きは、チェックインカウンターで検疫時に提出する書類をすべて見せ、コピーをしてもらい、そのコピーを提出します。
犬の預け入れの場所まで移動し、バリケンのチェックです。日本では、スキャナーに通されましたが、こちらでは、手探りでチェックしました。OKが出たら、バリケンごと犬を預けます。これでしばし犬とおわかれ。

今回、旦那さまの計らいで私と僕ちゃんはビジネスです。旦那様は、エコノミー。
わんこのことがかなり心配ではありましたが、始めてのビジネスとあって、かなり気分があがってきました

つづく
この記事のURL | 今日の出来事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |