2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カントリーフェスタ♪
- 2012/12/06(Thu) -
日本に帰国して以来、少しづつですがステンドグラスを作成しています。

販売に携わるお友達がいるので、お願いして委託販売を始めましたが、未だまったく売れず。
ネット販売という方法もあるんだけど、出来れば見て、さわって気にいってくれた方に買ってほしい。

たしかに材料代も高いし、工数もかかるので、しかも委託するので、マージン分を上乗せすると結構な金額になってしまいます。値段を下げるのは、結構辛い。しかし、売れない。

そのジレンマをかかえつつ、今回の「カントリーフェスタ」に出品することになりました。
今度は、クリスマスの月でもあり、テーマはクリスマス。なるべく小さめで、安く作れるオーナメントに決定。
複雑にすると工数がかかるので、かなり簡単なものにしました。

なんかどこにでもありそうな形なんだけどね。シンプルでかわいめがいいかな。
DSC_0567.jpg

DSC_0570.jpg

DSC_0568.jpg

これは、以前にも作ったことがあるツリー。結構お気に入り。
DSC_0569.jpg

今回は、10品作成。値段もかなりお手頃価格に設定。
DSC_0571.jpg

作成が、結構時間がかかってしまい、当日納品することに。
当日は、友達のちゅみちゅみさん、ラーまーママさんと一緒にでかけました。
開場1時間前に着いたのに、駐車場もいっぱい、すでに会場前は長蛇の列です。これは想像以上に混んでいる。
しかも500名限定でもらえる粗品もすでに無く。

会場内は、人でムンムン。人だかりすぎて、ブースにさえ入れないほど。すごい。
人気店は、支払いのためにこれまた、並ぶ並ぶ。

カントリーフェスタ2

かわいい小物がいっぱい。これは、モールで作った動物だって。
カントリーフェスタ1

私の作品もお店に飾ってもらって、早々友達に購入して頂きました。ありがとう。
そのあとも続々売れちゃったらしく、ツリーが残るのみ。

ステンド1

このカントリーフェスタに出品されるものは、かなり値段が安いものが多く、それに見合う値段でないと手が伸びないらしい。私も買う時は、安いに越したことはないからね。

ツリー売れるといいなー。
スポンサーサイト
この記事のURL | ステンド | CM(3) | TB(0) | ▲ top
ステンドグラス工房 ふくちゃんちのシェルとマロン
- 2012/03/04(Sun) -
僕ちゃんの卒業制作も無事終わり、展示会も見てきました。

作った努力を見ているだけに、ひいき目ではありますが一番よかったです。

2012021613460001.jpg

次は、私の制作です。

今度、地域のフェスタがあるので、ブースを出している方に声をかけて頂き、いくつか出展することになりました。ブース数もかなりあるらしく、時間前に大行列になるフェスタらしい。
手作り品がメインで、見に行くのも楽しそう。

お近くの方は、ぜひ覗いてみてください。岡崎カントリーフェスタ 3月8日、9日



こちらは、「ひまわりのパネル」です。

アメリカでもいくつか作って、お世話になったアメリカ人にプレゼントしたものです。

2012030509050000.jpg


こちらは、「チューリップの箱」です。

電池使用のろうそくを持っていたので、活用したいと思い作りました。

ちょっとした小物いれでもいいかな。水漏れするんで花瓶には、無理かな。

2012030509040000.jpg2012030509050001.jpg

この記事のURL | ステンド | CM(2) | TB(0) | ▲ top
僕ちゃんの卒業制作♪
- 2012/01/29(Sun) -
僕ちゃんの学校は、卒業にあたり、卒業制作で、作品を作らなければなりません。

そこで、私が道具もノウハウもわかっているステンドグラスに初めて挑戦しました。

作るものは、「ふくろう時計」です。

指導は、私がするわけですが、親子でやると喧嘩がつきもの。どーして喧嘩になっちゃうのかな。
油断すれば、怪我の可能性もあるので、そうしてもくどくど言ってしまうからかな。

帽子にめがねにマスクに手袋。作業は、完全防備です。ガラスは、飛び散るし、帽子をかぶらないとガラスを削る
時に、飛び散って、ガラスの粉まみれ。けっして、綺麗な作業ではないんです。
出来上がりは、美しいんですけどね。

ガラスカットが難しいんですが、意外と上手。私よりうまいかも。

IMG_0501_8776.jpg

IMG_0502_8776.jpg

細かいガラスカットにいらいらしていましたが、さらに、グラインダーで削りでガラスをあわせていくのが大変。まるでジグソーパズルですからね。かなり苦戦してました。

IMG_0546_8765.jpg

やっと、削ってガラスを合わせたら、まわりにホイルを巻いていきます。
これが巻きあがった状態です。

IMG_0553_8765.jpg

そこで、はんだごてで銅を溶かしながら貼り付けていきます。
IMG_0557_765.jpg

あとは、色をつけて、磨いて完成。

IMG_0562-18765.jpg

とっても、素敵に完成しましたーーーーー♪
初めてにしては、かなり大作だったんで、心配しましたが、無事完成にこぎつけました。
間にあってよかったです。

この記事のURL | ステンド | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ステンドランプ完成♪
- 2010/04/29(Thu) -
ステンドランプの作成も終盤にさしかかり、最後のクラスまでのラストスパートです。

間に合わせなくっちゃーーーー。

ただ今の行程は、カットしたガラスにホイルを巻き、電熱こてで付けていきます。

当初カットしたガラスは、平面図にあわせていたので、実際の立体的なランプの形と合わせると大幅に違いが出ます。

なので、さらにそれにあわせて、研磨が必要。

IMG_7007_1aaaaa.jpg

作業中はとっても汚い。友達のMさんは、「私はパジャマでやってるよ」とのこと、どこまでもスマートです。

私がやると研磨機によって、常に頭からガラスにまみれてしまうので、しっかり洗い流さなければなりません。

IMG_7008_1aaaaaa.jpg

最近、特に寒い日が続いたので、地下はさらに寒いです。

頭には、帽子とはちまき、眼がねの上には、防護めがね、さらに着膨れ状態。

顔には、ガラス粉が刺さってるし、爪は研磨機で削ってしまうのでぼろぼろ。さらに皮膚まで削り、ガラスが刺さり

流血までしてるし。まったく人には見せれない姿です。

IMG_7010_1aaaaaa.jpg

黙々と研磨機でガラスを削っては、形を合わせ、ホイルを巻いて、ひっつけるの繰り返し。

なんとか、クラスまでに間に合ったーーーーー。

出来上がりはこんな感じです。

IMG_7013_1aaaaaa.jpg

今日のクラスは最終日です。みんなは3分割や6分割の人がいるので、それをあわせる作業からです。

私のようにすでに円形が出来ている人は、端を補強するためにワイヤーを巻き、ランプを止める土台を取り付けました。


今日は、皆さんの作品を写真に撮ってきましたので、載せます。

これは、アメリカ人の男性の作品。
大きさも私のよりかなり大きく、パーツも細かい。シンプルな色あいが男の人の作品らしいですね。
IMG_7017_1aaaaaa.jpg

まさに私好みの色合いです。カラーコーディネイトが絶妙ですね。こんな風に出来たらなーと思います。
6分割でコンバインする部分がトンボの胴体とやたら難しい。羽根がでかいので貼り付けるのは大変だったろうなー
と思います。
IMG_7018_1aaaaaa.jpg

色は、シンプルだけど、明かりがついたら目立つだろうな。
彼女は以前から幾何学的模様を好んで作られています。
IMG_7022_1aaaaaa.jpg

友達のMさんの作品。かわいい。色あいがかわいいんです。細かいところも細く仕上げているし、色の配色も素敵です。
今度、ライトをつけて写真を撮らせてもらおう。
IMG_7025_1aaaaaa.jpg

では、私の作品です。

ライトをつけるとこんな感じになります。

IMG_7036_13333.jpg

羽根の色をひたすら悩んだわりには、まったく目立たない。もっと突飛な色でもよかったかも。
ライトをつけた時の色あいを想像するのって、やっぱ経験がものをいうのかな?

IMG_7038_13333.jpg

でも、雰囲気は、いい感じに仕上がったように思います。

ライトをつけるとあたりがやわらかい明るい色あいになります。

初めてのランプでしたが、出来上がりは大満足でした。まー自己満足ですけどね。

1年半もかかったステンドグラスのカリキュラムでしたが、やっと終了。

これからは、独自で作品を作っていくことになります。作らねばーーーー。

せっかく身につけたスキルなので、頑張って作品を作っていきたいと思います。
この記事のURL | ステンド | CM(7) | TB(0) | ▲ top
やっと完成 私のステンドグラス♪
- 2010/04/04(Sun) -
完成するまで、ずいぶん時間がかかってしまいました。
ガラスが割れて、直すまでほったらかしにし、すでにつぎのランプも取りかからなければ
ならない状況になり、ますます遅れちゃった。

でも、やっとやっと手直ししました。
手直し方法は、いつも教わっているテリーに聞きました。

でっかく割れてしまったパーツは完全に取り替えます。
でも、さすがにすでにはんだ付けしてしまったものを剥がすのは至難の業。
テリーにやってもらいました。
IMG_6777_1www.jpg
さすが、プロ。綺麗に剥がしてくれました。

そして、同じガラスを再度切り直し、はんだ付けしました。
中のほうで割れてしまったところは、ホイルを貼り付け、傷をごまかしました。
付け直ししたら、銅の部分を黒くする液体を塗り、専用の洗剤で洗い流します。
その後、全体にコンパウンドを塗ります。
一晩置くと、このとおり真っ白。
IMG_6784_1wwww.jpg
それをごしごし、乾いた布で磨きます。
細かいところは、柔らかい歯ブラシでコンパウンドの白い粉を取り除きます。
IMG_6781_1wwww.jpg

長くかかりましたが、やっと満足出来る物が出来上がりましたーーーーー。
我ながら、大満足です。
IMG_6785_1wwww.jpg
光を当てるとこんな感じです。
IMG_6786_1www.jpg
いつも庭先にくるカーディナルとイリノイの地平線に広がるコーン畑をイメージして作りました。
私にとって、イリノイの想い出が詰まった作品となりました。


この記事のURL | ステンド | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。